【要注意】アイブロウの永久脱毛は不可能?眉毛ワックス脱毛が主流な理由

こんにちは!眉毛サロンMooNLoAdです^^
よくいただくご質問で、「眉毛を永久脱毛できますか?」というものがあります。

結論から申し上げると、「眉毛の永久脱毛は難しい」という結論になります。
詳しく解説していきましょう!

脱毛の種類

永久脱毛

そもそも、「永久脱毛」とは、どういう意味なのでしょうか?
「1本も毛がなく、ツルツル肌で、一生毛が生えてこない状態」と思われがちなのですが、実際のところ、そのような状態になることはほぼ不可能です。

また、日本では明確に永久脱毛の意味も定義されておりません。
医療脱毛の場合、永久脱毛は「脱毛後に生えてくる毛の本数が減少し、その状態が長期間維持される状態」とされることが一般的です。

光脱毛(IPL脱毛)

光脱毛とは、「インテンス・パルス・ライト」(IPL)という技術を用いた脱毛方法です。これは、広範囲の光を肌に照射し、その光が毛のメラニン色素に吸収されることで熱を発生させ、毛根や毛の成長に関連する細胞を破壊する仕組みです。光脱毛は、以下のような特徴があります。

  • 痛みが少ない: 光脱毛は比較的痛みが少なく、肌への負担も軽減されます。
  • 広範囲を処理: 一度に広範囲を処理できるため、時間が短縮されます。
  • 肌への優しさ: 肌を保護する機能がついているため、肌トラブルが起きにくいです。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーを使用し、毛の生成に関わる「毛母細胞」を破壊する施術となっています。 一度破壊された毛母細胞からは再び毛が生えないため、半永久的に脱毛効果が得られます。
あくまでも、完全に毛が1本も生えてこなくなるということではないので、注意です!

  • 高い出力: レーザーの出力が高いため、より深い部分の毛根を破壊でき、効果が高いです。
  • 痛みが強い: 出力が高いため、施術時の痛みが強いことがあります。
  • 施術回数が少ない: 高い出力で効率的に毛根を破壊できるため、必要な施術回数が比較的少なくなります。
  • 医師の監督下での施術: 医療行為として扱われるため、医師の監督のもと、看護師の施術として行われます。

美容脱毛

美容脱毛は主にエステティックサロンや美容脱毛サロンで提供される脱毛方法です。この脱毛法は「光脱毛(IPL脱毛)」とも呼ばれ、強い光(IPLまたは光脱毛器)を使用することで、毛根にダメージを与え、毛の成長を遅らせる効果があります。
医療脱毛よりも出力数を抑えて浅く広い範囲に照射することで、資格がなくても施術を行うことができますが、その分効果は一時的になってしまいます。

  • 痛みが少ない: 美容脱毛は医療脱毛に比べて出力が低いため、痛みが少ないです。
  • コストが比較的低い: 一般的に医療脱毛に比べて費用が低く設定されています。
  • 施術回数が多い: 出力が低いため、同じ効果を得るにはより多くの施術回数が必要になります。
  • 医師の資格が不要: エステティシャンなど、非医療従事者でも施術が可能です。

アイブロウの永久脱毛や光脱毛が推奨されない最大の理由

【危険性】眉毛脱毛の弊害

眉毛は眼球にとても近い部分にあります。
万が一、フラッシュやレーザーが目に入ってしまった場合、網膜に大きなダメージを受けてしまいます。そうなると、視力の低下や最悪の場合は失明するなどの危険性があります。
そのため、どのサロンやクリニックでも、目の周りや眉毛に関しては施術不可とされています。

眼球の手前には骨があるため、フラッシュやレーザーが必ず入ってしまうとは限らないのですが、たとえ安全対策が万全で、資格を持った施術者が担当しても、出力を誤る・ヘッドの角度を誤る・ゴーグルやサングラスがきちんと装着されていないなど、何らかの予測できない状況が起こる可能性があります。

そのため、安全性を考慮して、眼球の近くである眉毛の脱毛には、光脱毛やレーザー脱毛を行うことは基本的には推奨されません。

その他、アイブロウの技術面での理由

1. ミリ単位での繊細な技術

アイブロウの形状は非常に細かく調整される必要があります。さきほどの危険性の理由が大前提ではありますが、光脱毛の機器は広範囲に光を照射する設計であるため、眉毛のような繊細なエリアに使用することは技術的に難しいです。眉のカタチを整えるには、毛一本一本を正確に扱う必要があり、光脱毛の機器ではこのレベルの繊細さを実現することは困難です。

2. 眉デザインの難易度

アイブロウには、他にもより適切な方法が存在します。例えば、眉毛の形を整えるためには、ピンセットやワックス、スレッディング(糸脱毛)などの方法が一般的に用いられます。これらの方法は、一本一本の毛を細かくコントロールでき、理想的な眉の形を作り出すのに適しています。

3. 光脱毛の性質上の問題

光脱毛は毛のメラニンに反応して効果を発揮するため、色素の薄い毛には効果が薄いことがあります。眉毛は自然に色素が薄くなることが多いため、光脱毛の効果が得られにくい可能性もあります。

【結論】眉毛にはアイブロウリストのデザイン✖︎ワックス脱毛が最適

ワックス脱毛は眉毛の処理において、その精度・速さ・効果の持続性・肌への負担が少ない、さらには安全性という点で控えめに言って最高の相性です。
美容室やアイブロウ専門のサロンで施術を受けることで、美しい眉毛を維持することができ、日常生活においてもその利点を実感することができます。
さらに、アイブロウリストはワックス脱毛だけでなく、間引きやカットとの合わせ技ができるので、より自分の顔や眉に合ったパーソナルな施術が受けられます!

これらの理由から、アイブロウにはワックス脱毛が最適と言えるでしょう。

大阪市西区(阿波座・本町)の眉毛サロンMooNLoAdへのご予約はこちらから

お顔バランスの計測から、黄金比率で眉毛を創る
眉毛サロンMooNLoAd

※ホットペッパーの登録をされてない場合はLINEで予約が便利です。